日本サッカー協会、震災地小学校に「こころのプロジェクト」

東日本大震災の復興支援で、日本のスポーツ界が一体となりサッカー界も被災地の小学校へ選手を派遣するプロジェクトが、東京都内で発足。 「先生役」として、日本サッカー協会(JFA)が選手を教育現場に派遣し、「こころのプロジェクト」をベースにし、日本オリンピック委員会(JOC)、日本体育協会、日本トップリーグ連携機構が協力することとなった。サッカー協会(JFA)の呼び掛けに各団体が賛同し、活動していく見込み。 また、サッカー外国選手の参加について協力を申し出ています。 先生にはなれないが、高崎の吉井ジュニアパルスも同じ気持ちを持って、サッカー界を応援していこう!

 

カテゴリー: 未分類 タグ: , パーマリンク