サッカーとマーケティング

ジュニアサッカーとマーケティングを考える。

日本はもちろん群馬、高崎、吉井も同じ事、サッカーを通じて将来にどんなマーケットが開拓できるかで将来が決まってくる。

サッカーができても、それを売り込みできなければ、今のように20代でサッカー人生が終わってしまう。

プロとなれる人間は小学生の中の数%であり、たとえ数%の人間でも、経営学を学びマーケットを見ないと、その後に繋がらない。

マーケット学>学習>趣味とならないと、社会に出たときに大変な事になる。

たとえサッカーをしていても、社会にでて、頑張りますだけでは、社会では通用しないのです。 社会=世間を見る力と、それに対する能力、そこに力を貸してくれる人、力を貸す人たちだけでは最良の結果は時間がかかりすぎる。

毎日がサッカーならば、中学生で単身で海外へ、でなければ、次の学習へ、それができなければ、趣味へ転じないと取り返しがつかない

 

カテゴリー: 未分類 タグ: パーマリンク