高崎市も前期が終了し通知表

小学生の通知表「よくできる」「できる」「もう少し」を3段階評価で、指導要領にあった領域到達度の基準の「十分到達」「おおむね到達」「未到達」と考えてみましょう。大人には通知表がないのでいいですが、これを大人の社会での評価に変化すると、

「十分到達」は、同期・通年の期待以上の成果(結果)。

「おおむね到達」は、同期と比べ普通である。期待には答えている。

「未到達」は、採用のときの感触より結果が出ず、リストラの対象である。 厳しい判断ではこうなるでしょう。

日本国での通知表はこうであるが、表であるので大半が間違ってくるのです。「もう少し」を「できる」に、「できる」を「よくできる」にしようと考えてしまうのです。

全てを「できる」にしたら何の特徴もない人になってしまいます。

「よくできる」項目をさらにのばし、評価項目の中の「よくできる」割合を増やします。得意なことはもっと発展させます。 不得意なことを大人の見地から指導すると、発展までに時間が費やされます。

大人社会で考えると、簡単なところでは、「飲食店」。普通の飲食店は、これからの12月が忘年会もあり売上が伸びるときです。飲食店で2月・8月は売上高の低い時です。 できない人はこの売上が下がった時の売上を通常に戻そうと発想するのです。 ではできる人は、客数の多い3・4・12月の売上を伸ばすのです。 人が動かないときに幾ら頑張っても売上は伸びないのです。 人が動くときにどれだけ集客ができるかなのです。

カテゴリー: サッカー タグ: , パーマリンク