サッカーの歴史

日本にサッカーが伝わったのは、1873年イギリス海軍の居留地。 ここの兵隊が始めた事で日本に伝わった。

そのイギリスでは、soccer「サッカー」の発音は、「ソッカー」(そっかー)、サッカーがアメリカに伝わり、アメリカ人が訛り「サッカー」となり、日本はイギリスではなくアメリカの発音する「サッカー」を選択した。

サッカーと呼ばれるようになったのは、協会が設立され、Association Football (アソシエーション フットボール)の文字中にある、「soc」に当時はやっていた「er」を付け、サッカーとなった。

世界ではフットボールの呼び名が多いが、アメリカではフットボールは、アメリカンフットボールのことを示す。

女子サッカー(なでしこ)が競技されていた記録が最も古いのは、1920年香川県丸亀市の女学校の体育祭で行われていた写真が、去年 平成22年に発見された。それまでの記録を40年も塗り替えた。 ドイツのクラブチームが始めて作られたのが1930年それよりも古い事となる。 なおこのころの呼び名は「フットボール」であった。

先ほどあったTV番組での日本サッカー協会会長のコメントでした

カテゴリー: サッカー用語 タグ: , , パーマリンク