サッカーと身長を伸ばす方法

医師でも研究者でもないので、あくまでも個人的な意見です。

身長の遺伝は現在約20%といわれています。 つまり80%は外部的要因で決定されます。

私の子供のころは、牛乳を飲むと背が大きくなると言われていましたが、間違ってはいないのですが、効率的に成長要因を考えると、牛乳のカルシウムだけでは身長は高くならないのです。 身長が高くなるときにカルシウムが必要とされ、身長を伸ばすときには、タンパク質、睡眠、運動が必要となります。

■【身長を伸ばすことを分析・科学しましょう】

タンパク質は、肉、魚、牛乳、豆など、これを毎日摂取する中で、適度な運動をすると、骨の端が伸びはじめます。 この骨の端の発達にカルシウムが使われます。

また、脳科学的に、夜22時から、2時までの4時間が脳からの成長ホルモンが分泌されますので、この時間には睡眠をとることが重要と考えています。

・タンパク質を取れない昭和20年ごろの終戦直後は、身長が低いはず。

・睡眠・・・これは人間が考えずとも、日が落ちると眠くなる現象が遺伝子にあり、日中に活動した動物は、次の日のために早く睡眠をとる。 赤ちゃんも睡眠をとっている。

・運動・・・身長が高くなるとは、骨が大きく(高く、のびる)ということ。 骨が伸びるときには、端から端まで同一に骨組織が増えるのではない。 骨の端のほうが成長(発達)していく。 つまり間接の部分が成長していく。 関節の動きがあるとそこが成長するとなる。

つまり、遺伝の要因を除くと、戦後の食生活にタンパク質、肉、魚、牛乳、豆をとり、日中に運動させ、早く寝る事となる。 なんとも簡単。 咀嚼の少ないパンは別な要因が多く、肥満に繋がることがある。

カテゴリー: 豆知識 タグ: , パーマリンク