個人情報の保護に関する法律 (平成十五年五月三十日法律第五十七号)

個人情報の保護に関する法律

今回はこの法律を解釈していきましょう!
基本は第1章から第6章までです

第一章 総則

(目的)
第一条  この法律は、高度情報通信社会の進展に伴い個人情報の利用が著しく拡大していることにかんがみ、個人情報の適正な取扱いに関し、基本理念及び政府による基本方針の作成その他の個人情報の保護に関する施策の基本となる事項を定め、国及び地方公共団体の責務等を明らかにするとともに、個人情報を取り扱う事業者の遵守すべき義務等を定めることにより、個人情報の有用性に配慮しつつ、個人の権利利益を保護することを目的とする。

この目的の解釈により自分の考えが曲がる可能性があるので、じっくり読んで見ます。

はいOKです。 ポイントは3つ

肖像権に関しては解読、個人情報に関しても「個人情報」をある一定以上の保有はないし、データ化されていないので問題はないでしょう。 こちらは刑事罰となるのでさらに一読します。
この法律には通達、措置法などがあれば勉強します。
ユッケの社長がこの法律で訴訟したら、負けることになるのです。 新聞、雑誌、テレビ各社は困らないのです、法律でなく憲法もあり、損害は消費者に与えられたものですので、その人を陥れるためにしなければ●●●でしょう。
カテゴリー: 豆知識 パーマリンク