肖像権に関して

日本は法治国家であり、原則的に憲法のもとに各種の法律があり、これに反したものもしくは社会秩序に違反したものが罰せられることになります。
日本国憲法は「表現の自由・言論の自由」が保証されています、しかし肖像権に関してはこれを定める法律は現在では6法には存在しませせん。
これは、文字的には「肖像権」と権利が個人にありますが、法律上はこの権利が存在しないことになります。 つまり、芸能人や有名な人は、その人が所有している著作権などにある、権利を侵害しなければ原則認められることになります。
肖像権は、原則権利は法律上はありません(判例の中で肖像権が一部認められているケースがある)
例えばその個人の私生活を勝手に公開し、その人を社会的に不利な立場に立たせるのは問題ですが、公共的な場所で不特定多数の人物を撮影することは、肖像権の侵害には当たらないと思われます。
肖像権と放映権。 オリンピックやプロサッカーの試合中継やプロ野球の試合中継を書くテレビ番組は多額の金品を払って、その見返り(視聴率とスポンサー契約料)を期待し権利を獲得しています。
日本はベース(憲法)にあるのが、「表現の自由・言論の自由」であり、これが覆されると、北●●」のような思想になってしまいます。
最近の「プライバシー」に関しての考察は、
情報は、個人の人格尊重の理念の下に慎重に取り扱われるべきものであり、その適正な取扱いが図られなければならない。」 これに関しても気分的なものであり多大に相手に対して損害を与えるものではないです。
もっと問題なのは、20年も昔にテレビやラジオの放送を録画・録音をしていたことのほうが、法律は問題視できるということです。
しかし、表現の自由は国家で保障されているが、マスコミの報道のような推測や思い込み、その相手や隣人にたいして不快な事、騒音をすれば、民事的に訴訟ができるでしょう。
現在の法律では、公共の場所で不特定多数の人物を撮影する場合は、肖像権の侵害には基本的に認められないようです。

カテゴリー: 未分類 タグ: パーマリンク