高崎市計画停電対策! 懐中電灯No2

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_18.JPG

今日届いた商品は香港経由で中国から届いた懐中電灯。 高崎市の計画停電対策です。 ハンディ懐中電灯(68LED)、通常郵便込みで1個あたりUS$14.30。 円決済額が1190円。 これはかなり明るいので夏場の本格計画停電の対策となるでしょう。 もうすぐ最後の懐中電灯が届くので、最終注文はどれにするか・・・

中国から直接購入すればもう少し安くなるのかも知れないが、香港は英語なので、注文もある程度英語ができれば、発注できるのでこのような日本の品薄状態では活躍します。 懐中電灯や電池なら簡単に自宅から国外の業者の買い物ができます。 日本では電池や懐中電灯が品薄ですが、国外ならすごく安く買えます。 物価が違うので・・・ こんな電池等の日常品も元々国外(物価の低い地域)で買えばかなりお徳なのです。 しかし外貨が流れるので、日本の国益を考えるとやはり日本国内で並んで買うべきなのか?

カテゴリー: サッカー タグ: パーマリンク