// プライバシー・肖像権・人格権について

肖像権に関して
日本は法治国家であり、原則的に憲法のもとに各種の法律があり、これに反したものもしくは社会秩序に違反したものが罰せられることになります。日本国憲法は「表現の自由・言論の自由」が保証されています、しかし肖像権に関してはこれを定める法律は現在では存在しませせん。 これは、文字的には「肖像権」という権利が個人にありますが、法律上はこの権利が存在しないことになります。 つまり、芸能人や有名な人は、その人が所有している著作権などにあり、その権利を侵害しなければ原則認められることになります。(判例の中で肖像権が一部認められているケースがあります) 例えばその個人の私生活を勝手に公開し、その人を社会的に不利な立場に立たせるのは問題ですが、公共的な場所で不特定多数の人物を撮影することは、肖像権の侵害には当たらないと思われます。
人格権に関して
被写体としての権利でその被写体自身、もしくは所有者の許可なく撮影、描写、公開されない権利。  みだりに自分の姿を開されて恥ずかしい思いをしたり、ストーカーにつけ回されたりする恐れなどがあれば護するというもの。  ただし、被写体が不特定多数の人々に見られることを前提としている場合、及び撮影内容から個人が特定できない場合などは一般的に人格権が認められない。 共の場や、イベントに出演したり、デモ活動に参加するといった場合は、当人が被写体となることを事前許諾していると認められるため、肖像権を主張できない思われます。 このサイトで、通常の個人生活脅かす。 このサイトにより生命の危機や、個人の生活を著しく侵害する恐れがある場合は、ご連絡いただければ、記事や写真を早急に削除いたします。

このサイトの写真の掲載は、あくまでもこのサイトの運営者個人がしており、吉井ジュニアパルスと一切の関係はありません。 写真に関しては、サッカーの大会など私生活ではなく、公の場所、もしくは私生活の中でも、サッカークラブの父兄が、自分の子供の姿を写真に残したものを掲載することとしています。

あくまで、素人の解釈なので、問題がある場合はご連絡ください。

 

ページメニュー

2019年12月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031