試合前日の食事とともに充分な水分を摂取し、試合当日の朝に水分が足りているようにすべきです。 選手は試合前数時間に、水や炭水化物を含む水分を飲むのを我慢すべきではありません。
気温が高い時は、試合開始 1.5~1 時間前に約 500 ml(成人男性)の水分を摂取すると、試合開始前に余分な水分を尿として排泄することができます。
大量の汗をかく練習や試合の最中に、水分を摂取するチャンスがない時は、試合開始15分前に300~600 ml(成人男性)の水分を飲むのが良いでしょう。