水またはスポーツドリンクを飲んで練習中と試合中の脱水を防ぎます。

サッカーの試合で、特に動きの激しいポジションの選手や走りまくる試合スタイルで貯蔵エネルギーが枯渇するという問題が起こります。こうした選手のパフォーマンスの向上には、高炭水化物戦略が有効とされ、これは試合前に炭水化物を貯め込み、試合中にも炭水化物を摂ることです。

試合中に水分とエネルギーを摂れば、後半でより多くより速く走ることができると同時に、疲労を防いでスキルと判断力を維持することができます。 試合の勝ち負けは往々にして試合終盤の数分で決しますし、選手は疲労するとケガをしやすくなります。

カフェインは、市販されている一般的な飲料と食品に含まれており、長時間運動において持久力を向上させることができます。この効果は比較的尐量のカフェインで(例えば、コーヒーを小さなカップで一杯あるいはコーラ飲料 500-750 ml で摂ることのできる、体重 1 kg 当たり約 1.5 mg で)得ることができます。

運動後の回復は次回の運動や学校の授業に向けての準備の一部であり、汗として失われた水分の補給は重要な部分です。
汗として失われた水分と塩分の両方を補う必要があります。 また、同時に食品を摂らない場合は、ナトリウム(汗として失われる主たる塩分)を含んだ水分を飲むべきです。 電解質を含んだスポーツドリンクは便利ですが、必要な塩分は通常の食事でも補給できます。汗として失われた塩分の量が多い時には、食事に加える塩分の量を尐し増やしましょう。ただし、塩のタブレットを使用する際には注意が必要です。