アシスト

得点に結びつくパスを出すこと。

アドバンテージ

反則があった場合で、反則された側が有利に試合を進めている(反則を採用すると反則された側が不利になってしまう) と主審が判断した場合、しばらくの間試合を止めずに続行し様子を見ること。

イエローカード

試合中に危険な反則や反スポーツ的行為をおこなった選手に主審が警告をするため提示するカード。 1試合中に同一選手に対し2枚目のイエローカードが提示されると、続けてレッドカードが提示され、その選手は退場となる。 また大会規定などによるが、累積枚数が規程の枚数に達すると、その後の数試合に出場停止となる。

インターセプト

パス、ドリブルなどをしている敵のボールを奪うこと。

オウンゴール

味方のゴールにボールを入れてしまうこと。日本では自殺点と呼ぶこともある。

オーバーラップ

ディフェンダーの選手等が前線へ上がってきて、攻撃に参加すること。

オフサイド

相手サイド(ハーフウェイラインより前)でパスを受ける選手より前に、 相手チームの選手が2人以上いなければならないというルール。いわゆる待ち伏せ行為を禁止するルール。

オフサイドトラップ

守備の最終ラインを通常より浅くして、相手のオフサイドを狙う高等テクニックのこと。相手チームがパスを出す瞬間に、 パスを受ける相手チームの選手を残して、味方チームの守備ラインを上げる。

オープンスペース

双方の選手のいない空いている場所。ここにパスを通すと相手守備陣を崩すチャンスが生まれる。

キックオフ

ゲームの開始や再開の時にセンタースポットで行なうキックのこと。 プレーヤーは全て自分のエンド内にいなければならず、ワンタッチめは相手陣内に蹴らなければならない。 いきなり味方陣内に蹴り込んだ場合はやりなおしとなる。

プレー開始前にコイントスで勝ったチームが攻める方向(エンド)を決定し、負けたチームが前半開始時のキックオフを得る。 前半開始時にキックオフをしなかったチームは後半開始時にキックオフを行う。又エンドは前後半で交代する。

コーナーキック

守備側の選手が最後に触れたボールがゴールポスト間を除くゴールラインを完全に越えた場合に行われる。 攻撃側がゴールラインを越えた地点に近い側のコーナーエリアからキックする。

相手チームの競技者はインプレーになるまでボールから9.15m(10yds)以上離れなければいけない。ボールが蹴られた瞬間にインプレーとなり競技が再開される。キッカーは他の競技者がボールを触る前に再びボールに触れてはいけない。

ゴールキック

攻撃側の選手が最後に触れたボールがゴールポスト間を除くゴールラインを完全に越えた場合に行われる。  守備側がゴールエリアからペナルティエリアの外にボールをキックして再開する。 もしボールがペナルティエリアの外に出る前に、敵味方問わず他の選手がボールに触わったらやりなおしになる。

キッカーに関する規定はない。プレーヤーだれでもがゴールキックを行うことが出来る。ゴールキックは、ゴールエリア内から行われる。(ゴールライン上にボールを置いて蹴る事が多い)ボールがインプレーになるまでは、相手側競技者はペナルティーエリアの中に入ることは出来ない。

サイドチェンジ

ボールのあるサイドから逆サイドにボールをロングパスすること。 通常、ボールが無いサイドは守りが手薄になっているため、スムーズに攻めあがるためには有効。 前半と後半で両チームの守るサイドを入れ替えるが、このことを指す場合もある。

システム

守備と攻撃を効率的に行なうための選手の配置の方法や動き方。 歴史と共にいろいろなシステムが登場した。現在の主流は3-5-2システムや4-4-2システムである。

シミュレーション

相手からファールを受けたように装って主審を欺きフリーキックを得ようとする行為。 主審がファールではなくシミュレーションであると判断した場合は、欺こうとした選手は警告を受けイエローカードが提示される。

ショートコーナー

コーナーキックの時に、すぐ近くにいる味方選手にパスを出して、そこからゴール前にボールをつないでいく方法。 これに対して通常のコーナーキックは直接ゴール前までボールを蹴りこむことが多い。

スイーパー

相手選手をマークせず、ディフェンダーの一番後ろで、カバーリングや他のディフェンダーへの指示を出す役目の選手。 スイーパーの中でも特に、チャンスの時には攻撃にも参加する選手をリベロと呼ぶ。

ストッパー

相手のフォワードをマークして攻撃を阻止するディフェンダーの選手。

ストライカー

得点機会の多い選手。 基本的にはフォワードの選手がこれに該当するが、戦術やシステムによってはミッドフィルダーも該当する場合がある。 そのチーム内で特にシュートを多く決める選手をエースストライカーと呼ぶ。

スルーパス

相手ディフェンダー選手の間をすり抜けるパス。このパスが通れば決定的なチャンスが生まれる可能性が高くなる。

スローイン

ボールがタッチラインを越えた時、最後にボールに触わった選手の相手チームに与えられるゲームの再開方法。 両手でボールをつかみ、頭の後ろから頭上を通して、フィールドに投げ込む。

セットプレー

スローイン、コーナーキック、フリーキックなど止まったボールからプレーを再開すること。得点に結びつきやすい。

セーブ

ゴールキーパー が横や斜め前などに飛び、倒れながらボールをつかむ技術。

センタリング

相手陣地のタッチライン付近から中央のゴール前にいる味方プレイヤーに出すパス。

ゾーンディフェンス

それぞれの選手が守る範囲を決めておく守備の方法。

ゾーンプレス

DFからFWまでの距離をコンパクト(約30メートル前後)に保ちながら試合を進める戦術。 攻撃時にはMFやDFもフォローに入り、守備の時にはボールを持った相手に付近の3人ですばやく囲みこむ。 これにより攻撃に厚みを増し、守備の時にも相手がパスを出しにくくなるが、通常よりも体力を消耗しやすく、 DFとGKの間に大きなスペースがあいてしまう場合がある。

ダイビングヘッド

低めに浮いたボールに飛び込んでするヘディング。また、これとは別に「ダイビング」は、シミュレーションと同義語で使われる。

第4の審判

主審や副審が審判を続行できない場合に代わりに主審や副審となる。 また、試合中に交代選手のチェックをしたり、主審や副審に見えていない場所での悪質な反則などを ハーフタイムに知らせることもある。詳細は競技規則に掲載されています。

ディフェンダー

相手フォワード選手の攻撃を阻止する役目の選手。 スイーパー、ストッパー、リベロ などがこの分類に入る。

トラップ

転がってきたり、飛んできたボールを止めてコントロールすること。

パサー

ストライカーがゴールを決めるための最終パスや、相手守備陣を崩す絶妙なスルーパスを出す選手。

ハットトリック

1人の選手が1試合で3得点すること。また1試合6得点でダブルハットトリック、9得点でトリプルハットトリックという。 帽子のマジックのように凄いというところからこの名前がついている。

ハーフタイム

試合の前半と後半の間の休み時間。最高は15分となっている。ハンドリング  手でボールを扱う反則。偶然手に触れた場合など、故意でなければ反則とならない。略してハンドということが多い。

PK合戦

同点のまま試合が終了した時に、勝敗を決めるために行う。 両チームから5人ずつ出て、交互にペナルティキックを行い、得点の多いチームの勝利とする。 5人ずつ終わった時に同点だった場合は、1人ずつのサドンデス方式(1人ずつの勝負で差がついた時点で終了)に切り替わる。

フィールド

サッカーの試合を行うコート。

フェイント

個人技のひとつ。方向転換、蹴るふり、スピードの変化等で相手を惑わし、引き離す技術。ドリブルで相手を抜く時などに使う。

フォロー

味方選手を援護すること。最近ではサポートという場合が多い。

フォワード

相手の守備陣を突破して得点する役割を担う攻撃の選手。

フリーキック

反則を受けた側が得られる妨害なしのキック。反則の種類によって直接フリーキックと間接フリーキックがある。 相手チームはボールから9.15メートル離れなければならない。詳細は競技規則第13条に掲載してあります。

ペナルティキック

守備側の選手が自陣のペナルティーエリア 内で直接フリーキックとなる反則を犯した時に与えられるキック。 ペナルティーエリア内のペナルティーマークから蹴るが、キッカーとゴールキーパー以外はペナルティーエリアおよび ペナルティーマークの外側で、かつボールより後方にいなければならない。

ボランチ

守備的なミッドフィルダーで、相手の攻撃の芽を摘んだり、時にはボールを奪ってから攻撃の起点となる選手。

ボレーキック

浮き球を直接蹴ること。

マンツーマン

1人の選手が相手1人をぴったりマークする守備方法。

ミッドフィルダー

フォワードとディフェンダーの中間のポジション。両ポジションのつなぎ役で攻撃と守備の両方に関わる。 特に守備重視のミッドフィルダーを守備的ミッドフィルダーまたはディフェンシブハーフ(=ボランチ)と呼び、 攻撃重視のミッドフィールダーを攻撃的ミッドフィルダーまたはオフェンシブハーフ(トップ下などとも呼ばれる)と呼ぶ。

ループシュート

ふわりとボールを浮かせたシュートのこと。ボールの軌道が弧を描くことからこの名前がついた。 ゴールキーパーが前に飛び出している時に有効なシュートである。

リベロ

スイーパーの中でも、守備だけでなく、チャンスの時には攻撃にも参加する選手。

レッドカード

主審が試合中に退場を示すためのカード。 イエローカードよりも悪質な危険行為や反スポーツ的行為をしたと判断された選手に提示される。 その後、数試合出場停止処分となるが、出場停止試合数は協議により決定する。

ロスタイム

試合中、無駄に過ぎている時間は主審が時計を止めているため、電光掲示板などにある時計がタイムアウトになっても、 主審の時計がタイムアウトになるまで試合が続行される。 ロスタイムが何分あるかは前後半終了時に主審の指示により第4の審判員がボードで掲示する。