■指導理念(例)

「吉井ジュニアパルスでのサッカーを通じて●●●を●●●」

メンバー全員でサッカーをすることを大原則しています。 それは、サッカーを通じて仲間との協力や助け合い、声がけ、相手への関心と思いやりの精神を子供たちに持ってもらいたいためです。 今日の世の中、相手への無関心の子供が増えテレビ等で報道されているように、子供たちの無関心から自己欲求を得られず犯罪を犯す子供も増えているのが現状です。
吉井ジュニアパルスは、サッカーの技能向上はもちろん、サッカーを通じて相手への思いやりの心と、達成感、たとえ試合に負けてもその悔しさから練習し、努力をするこを身に着けてもらいたいと考えています。 また、大きな声で挨拶、メンバーへの声がけを子供たちに教えています。

子供たちが大人になり、社会に出たとき、これらの他人への思いやりのこころが普通にできるようなればと思いこの吉井ジュニアパルスを運営しています。