■クラブ紹介

吉井ジュニアパルスは群馬県高崎市吉井町に本拠地を置き、小学生のクラブチームとして現在約50名で活動しています。

DSC_0017

クラブの歴史

 

指導者・スタッフ

代表: 山 崎 芳 之

監督: 横 尾 千 明

コーチ

指導理念(仮)

「吉井ジュニアパルスでのサッカーを通じて●●●を●●●」

(例)メンバー全員でサッカーをすることを大原則しています。 それは、サッカーを通じて仲間との協力や助け合い、声がけ、相手への関心と思いやりの精神を子供たちに持ってもらいたいためです。 今日の世の中、相手への無関心の子供が増えテレビ等で報道されているように、子供たちの無関心から自己欲求を得られず犯罪を犯す子供も増えているのが現状です。
吉井ジュニアパルスは、サッカーの技能向上はもちろん、サッカーを通じて相手への思いやりの心と、達成感、たとえ試合に負けてもその悔しさから練習し、努力をするこを身に着けてもらいたいと考えています。 また、大きな声で挨拶、メンバーへの声がけを子供たちに教えています。

子供たちが大人になり、社会に出たとき、これらの他人への思いやりのこころが普通にできるようなればと思いこの吉井ジュニアパルスを運営しています。

練習

主な練習場所は、吉井町総合運動公園や吉井西グラウンド、ナイターは吉井町立西小学校で練習をしています。

学校の休みの土曜日と日曜日、火曜日と金曜日に吉井西小学校でナイター練習をしています。

選手たちのspirit

吉井ジュニアパルスの横断幕にもあるように、日常では得られない、勝利への鼓動を感じて試合をしています。

鼓動とは、心臓の筋肉が定期的に収縮している状態です。
勝利までのドキドキ感、勝つために一生懸命プレーをし鼓動が最大に高鳴り、シュートが入った瞬間、試合に勝った瞬間の、満足した状態での鼓動と充実感。
鼓動とは別名=拍動(はくどう、Pulse) 吉井ジュニアパルスのパルスです。
勝利と勝利への胸の高まりを得るために、精一杯「攻め」、仲間に「繋ぐ」ことが吉井ジュニアパルスの魂なのです。

入会方法

吉井ジュニアパルスの入会をご希望の方は、お申し込みをクリックして、必要事項をご記入の上送信してください。 後日こちらからご連絡させていただきます。